2010年03月18日

神奈川県不正経理、電動自転車・トナーなど購入(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、架空発注で業者にプールした預け金などで、電動自転車や腰痛の人用のイス、私物プリンターのトナーを購入していたことが17日、県の調査でわかった。

 県は、いずれも業務に必要だったとしている。

 県会計局などによると、電動自転車は2008年9月、税務課が預け金から約122万円を使って16台(1台約7万6000円)購入し、16の県税事務所に1台ずつ配った。「滞納している税の督促のため、企業回りなどに使っている」(税務課)という。

 腰痛の人用のいすは06年12月、当時の政策課が名目以外の物品を納入させる「差し替え」で、腰痛持ちの職員のために1台(3万6330円)購入。「業務に支障が出るほど腰痛が悪化し、やむを得なかった」(政策総務課)という。

 トナー(約2万1000円)は、県立武道館(横浜市港北区)に勤務していた男性職員が03年11月、事務所に置いていた私物のプリンターに使うため、差し替えで購入。県教委は「業務用に利用した」としている。

 一方、県議会の主要4会派は、不正経理の再発防止策について、調査・提案する特別委員会を設置する方針を決めた。24日の本会議に設置案を提出し、可決される見通し。

<富士山>山小屋の環境型トイレ故障、汚水垂れ流し(毎日新聞)
<国分寺死体遺棄>監禁容疑で男6人逮捕(毎日新聞)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)
<訃報>ピーター・グレイブスさん83歳=米国の俳優(毎日新聞)
posted by クマサカ タケオ at 18:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

共産の新ポスター「政治を前へ」(時事通信)

 共産党は15日、参院選に向けた同党の新しいポスターを発表した。志位和夫委員長の顔写真の横に「貧困なくし 平和な日本に 政治を前へ」とアピール。暮らしや平和の面で政治を前進させてほしいという国民の願いに、党として積極的に応える決意を込めたという。13日から全国で掲示しており、参院選の期間中も使用する予定。市田忠義書記局長は「積極的に張り出して、ポスターで党の風を吹かせたい」と語った。 

【関連ニュース】
「桃鉄」キャラを無断使用=風俗店経営の男を書類送検
参院選へ募る危機感=国民新、「郵政」後の旗印に不安も
22日は「吸わん吸わん」=白鳥をロゴに、毎月禁煙デー
相武紗季さんが追突事故=信号待ちの車に、けがなし
親族へ優先提供可能に=改正臓器移植法、17日一部施行

毛髪などの証拠紛失=ドラム缶遺体事件−大阪府警(時事通信)
スーパーの豚肉に針金=1月には刺し身にも−滋賀県警(時事通信)
<医療費回収不能>小樽市職員が自費で補てんへ(毎日新聞)
<会計検査院>公用車車検で農水省に競争入札実施を要請(毎日新聞)
<訃報>ピーター・グレイブスさん83歳=米国の俳優(毎日新聞)
posted by クマサカ タケオ at 03:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

【from Editor】武道が求める境地とは(産経新聞)

 大阪府警剣道部は剣道の達人を数多く輩出している。警察職員で剣道部を指導する石田利也さん(48)もその一人だ。ある会合で、石田さんから剣道の話を聞く機会があった。

 姿勢正しく、訥々(とつとつ)とした口調ながらよく通る声で語った。父親(故人)の勧めで小学校から剣道を始めた際、礼をしてから道場に入り、正座を手始めに基本姿勢を徹底的にたたき込まれた。礼に始まり、礼に終わるといわれる剣道とはどういうものか、体で覚えさせられた。そして、年齢を重ねるうち、なぜ礼が必要なのかを理解できるようになってきたという。

 石田さんの名刺には「剣道教士八段」とある。この称号と段位は、剣道界の最高峰の一角にいることを示している。高校から剣道のエリート街道を驀進(ばくしん)し、全日本剣道選手権大会の2度の優勝をはじめ、輝かしい戦歴を残してきた。だが、技が抜群にうまく強いからといって最高峰に到達できるわけではない。

 全日本剣道連盟の規定では、最高位の八段は、七段になってから10年以上を経て、年齢46歳以上になった者の中から選ばれる。「剣道の奥義に通暁、成熟し、技りょう円熟なる者」。3つある称号のうちの教士は「剣理に熟達し、識見優秀なる者」でなければならない。剣道は、ただ勝つことに専念するものでなく、礼節を重んじ精神の鍛錬をする武道であると説く。

 現在放送中のNHKの大河ドラマ「龍馬伝」で、剣術修行をしていた坂本龍馬はペリー率いる黒船を目撃して驚く。思い悩んだ揚げ句に「黒船に対して剣は役に立たない」と吐いてしまう。もともと合戦の武器であった剣(日本刀)は、武士としての身分を示す道具にしかなっていない現実を見てしまう。戦の武器は剣から銃、大砲へと移っていく。しかし、剣道は剣から竹刀による剣術へと変化しながらも、武士の精神を大切にする思想の流れは一貫している。

 では、礼節の具体的な形とは何か。例えば、試合で相手を打ち込んだ選手がガッツポーズをしたときを考える。試合直後、打ち込んだ選手に審判3人の旗が上がったとしても、合議の末、取り消しになる。剣道ではガッツポーズは礼に反する、やってはならない行為であるという。

 引退した大相撲の元横綱、朝青龍が、もし、剣道をしていたら、「教士八段」という称号と段位をもてただろうか。(大阪社会部長 内野広信)

支持率続落で首相「民主らしさ見えないから」(読売新聞)
<温暖化対策>原発20年間にさらに20基必要 エネ庁試算(毎日新聞)
小中学校の土曜授業、橋下知事が教委に要請(読売新聞)
警察車両がバイクと衝突=男女が重軽傷−警視庁(時事通信)
児童ポルノ流出 開業医逮捕(産経新聞)
posted by クマサカ タケオ at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。