2010年05月27日

ワクチン接種見送り 準備間に合わず 口蹄疫問題(産経新聞)

 宮崎県で牛や豚の家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)が拡大している問題で、政府と県は20日、発生農家から半径10キロ圏内の家畜に対して行う予定だったワクチン接種開始を見送った。接種計画の策定や態勢整備が間に合わなかったためという。ワクチン接種時期について、赤松広隆農林水産相は19日の会見で「きょう以降ただちにやる」としていたが、いきなりつまずいた形だ。

 現地対策本部では20日、農水省の山田正彦副大臣が同日中のワクチン接種開始は難しいとの見通しを表明。開始時期についても「できるだけ早く」とするにとどまった。

 政府は、発生農場以外でも半径10キロ圏内で、すべての牛・豚約20万頭にワクチンを接種して一時的に症状や感染を抑えた上で、殺傷分する方針だ。すでにワクチン20万頭分は現地に届いているが、農水省によると、膨大な数の家畜に対して効率的に接種するための作業順序や人員配置を定める計画の策定が間に合わず、開始できないという。

 また、接種する獣医師も発生農場での殺処分に追われている状態で、増員が決まった約40人も、一部しか現地に到着していない。個々の農家に対して、合意を取り付ける作業も終わっていないという。

 一方、口蹄疫の発生農場などは新たに15カ所増え、146件に拡大した。発生農場の牛や豚は12万4千頭となったが、こうした家畜は、原則ワクチン接種せず殺処分される。

【関連記事】
製薬は買い 飼料は下落傾向 口蹄疫銘柄が株式市場で材料に
自民、不信任案提出へ 口蹄疫問題 与党からも責任論続々
畜舎の消毒薬を緊急輸入 バイエル薬品 口蹄疫問題
種牛を分散へ 鹿児島、大分 口蹄疫問題
ワクチン「合意に至らず」 口蹄疫問題 政府と地元、補償めぐり
中国が優等生路線に?

鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」(産経新聞)
口蹄疫 22日からワクチン接種…補償案受け入れ(毎日新聞)
放鳥トキ、ひな誕生難しく=カラスが卵奪う―環境省(時事通信)
口蹄疫 普天間に次ぐ「失政」に自民、攻勢へ(産経新聞)
初動対応の遅れ、農水相に責任=口蹄疫拡大―社民幹事長(時事通信)
posted by クマサカ タケオ at 11:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。