2010年03月27日

B型インフル、検出続く―注意必要と感染研(医療介護CBニュース)

 B型インフルエンザウイルスが継続的に検出されている。国立感染症研究所感染症情報センターが3月23日に開いたメディア意見交換会で、岡部信彦センター長は「B型のシーズンはこれから」と注意を呼び掛けた。

 同センターによると、1月4日から3月14日までに検出・報告されたインフルエンザウイルス2603検体のうち、2569件(98.7%)が新型で、B型が29件(1.1%)、A香港型が5件(0.2%)。依然として新型が大半を占めるが、B型も継続的に検出されている。B型の29件のうち13件は2月22日-3月7日の2週間に検出されたものだった。

 岡部センター長は、「B型の流行は例年3月から4月で、A型より遅れてやってくる」と説明。また、WHO(世界保健機関)のまとめではモンゴルや中国など東アジアではB型が主流になっていると指摘し、今後B型に注意が必要との認識を示した。


【関連記事】
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
インフル患者、7週連続で減少

トキ、290キロ離れた福井に=放鳥以来最も遠く−環境省(時事通信)
<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
<行方不明>海岸の遺体は長崎・雲仙の18歳女性(毎日新聞)
<戸田市長選>神保国男氏が4選(毎日新聞)
【ネット番記者】かわいい猫に和んで(産経新聞)
posted by クマサカ タケオ at 11:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。