2010年06月11日

障害者制度改革、月内に基本方針を閣議決定へ(医療介護CBニュース)

 内閣府の「障がい者制度改革推進会議」は6月7日、障害者制度の抜本的な改革を目指した「障害者制度改革の推進のための基本的な方向(第一次意見)」と題する報告書をまとめた。これに基づく方針が、6月中に閣議決定される見通し。

 報告書は、来年の通常国会で障害者基本法を改正することなどが柱。廃止が決まっている障害者自立支援法に代わる「障害者総合福祉法」(仮称)のほか、新たに「障害者差別禁止法」(同)の制定なども目指している。

 今後はこの報告書をたたき台にして各論や補完する論点を詰め、今秋から年末をめどに第二次意見をまとめる。

 次回の推進会議は、閣議決定後を想定し、28日の開催を予定している。


【関連記事】
「わたしたち抜きに決めないで!」自立支援法改正案可決に怒りー総合福祉部会
障害者自立支援法改正案が可決、利用者負担見直し
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員
「民主党政権に失望」―障害者法違憲訴訟団
障がい者総合福祉部会が55人体制で初会合、6月に緊急対策案

たちあがれ日本 日本創新党との連携を検討…平沼代表(毎日新聞)
検事総長に大林氏(時事通信)
「小幅入れ替え」菅新内閣 サプライズは蓮舫議員?(J-CASTニュース)
菅首相、あす宮崎入り=口蹄疫の実情把握へ(時事通信)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
posted by クマサカ タケオ at 20:29| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

<マルチ商法>「仮想空間」IT会社を家宅捜索へ 埼玉県警(毎日新聞)

 インターネット上の仮想空間での土地取引をうたい虚偽の説明で会員を募った疑いがあるとして、埼玉県警は、IT会社「ビズインターナショナル」(さいたま市大宮区)と取引先など数十カ所を、特定商取引法違反(不実告知など)容疑で27日に家宅捜索する方針を固めた。県警は会員勧誘の実態や、会員から集めた資金の流れの解明を進める。

 ビズ社は07年6月〜09年10月に全国の約2万8000人から約94億円を集めたとされ、仮想空間の開設をビズ社から委託されるなどした東京都内のIT業者2社などに流れた、と県警はみている。

 会員やビズ社幹部によると、ビズ社などはネット上に仮想空間「エクシングワールド」の開設を計画。ビズ社が「空間内の土地取引や広告収入で必ずもうかる」「有名企業も参加する」などと会員を募り、会員を紹介すればボーナスを支払うマルチ商法だった。関東や関西を中心に約2万8000人が販促キットと呼ばれるDVDソフトなどを約40万円で購入。だが仮想空間は一部しか稼働せず、土地取引はできず、有名企業の参加もなかった。

 ビズ社は09年11月、同法に基づき6カ月の業務停止命令を消費者庁から受けた。今年4月には会員17人が3社と各社長に計約730万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。広島の十数人も6月にも広島地裁に提訴する方針。

 ビズ社は毎日新聞の取材に「多くの会員を勧誘した責任はある」と話している。IT業者2社は取材に応じていない。【町田結子、飼手勇介】

【関連ニュース】
マルチ商法:仮想空間巡り提訴へ 会員「違法勧誘された」
中国:男が刃物で園児ら襲い31人負傷 4人死亡か 江蘇
中国:幼稚園に刃物の男、園児4人殺害の情報 31人負傷
暮らしにちょこっと:今週のテーマ 悪質商法にだまされない /香川
提訴:「仮想空間マルチ」 会員17人「違法な勧誘」−−大阪地裁

橋下知事も「幼稚園児レベルの結論だ」 知事会での普天間協議(産経新聞)
鳩山首相、サッカー日本代表を激励=岡田監督「気持ち良く行きたかった」(時事通信)
郵政法案きょう衆院採決へ 野党は猛反発 不信任案など連発で徹底抗戦(産経新聞)
木村カエラ、瑛太さん結婚へ(時事通信)
「マイレージ」で高齢者の協働・互助を促進−北海道森町(医療介護CBニュース)
posted by クマサカ タケオ at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

<南アW杯>警備に4万人、でも効果未知数 開幕まで17日(毎日新聞)

 サッカーのワールドカップ(W杯)が6月11日から開かれる南アフリカ。最大の懸念は、1日の殺人発生が約50件にもなる治安だ。政府は内外への信頼醸成に苦慮するが、ゆっくりと試合観戦とあいなるのか。【ヨハネスブルク高尾具成】

 「オバマ米大統領が来るのか来ないのかが大問題だ。米国代表が決勝トーナメントに進まないことを願う」

 ツェレ警視総監が7日、語った。既に国家元首級43人がW杯の観戦を予定。オバマ大統領も米国代表が1次リーグを突破した場合の南ア入りを示唆しており、警視総監の冗談交じりの言葉に本音がのぞいた。

 ◇殺人1日50件

 南ア警察によると、人口約5000万人の南アで、08年度の国内殺人事件は1万8148件。1日に約50人が殺害されている計算だ。一方で人口が2倍以上の日本では、09年に認知された殺人件数は1097件(警察庁)だ。南アではさらに08年度、1万8298件の殺人未遂事件が発生しているほか、レイプなどの性犯罪事件は7万1500件。

 南アの住民は、普段から、「犯罪集団に追尾されていないか?」と、バックミラーやサイドミラーをきょろきょろ見ながら運転。交差点で運悪く、赤信号に変わった場合は極力、停止を避け、「超徐行」で青信号を待つ。リスクを避けるため信号無視も日常的だ。

 わが家も含め、ヨハネスブルク北郊外の住宅地は数メートルの壁に囲まれ、電子鉄線が張り巡らされている。民間警備員を呼ぶ「パニック・ボタン」設置は常識だ。ヨハネスブルク中心部の自宅で緊縛強盗に遭った被害女性(32)は「不幸中の幸いだった」と話すほど。現金などを奪われただけで、レイプされなかったからだ。

 ◇150億円を投入

 世界最低水準の治安への懸念一掃に、政府はW杯に向け、治安対策に150億円以上を投入。警察官約19万人のうち、大会期間中は約4万4000人を専従させる。

 さらに3月、チューリヒの「国際サッカー連盟」(FIFA)本部であったW杯治安対策会議では、国際刑事警察機構から「最大級の専門家集団を送り込む」との確約を得て、ブラッターFIFA会長も「年間1100万人の観光客が訪れる国。治安は保証される」と自信をみせる。

 しかし、約1年前のプレイベント、コンフェデレーションズ杯の夜。ヨハネスブルク中心部の「エリスパーク競技場」から約200メートルの路上では記者の目の前で、信号待ちをしていた女性運転手が携帯電話を強奪された。

 ◇重点域外は手薄

 W杯はコンフェデ杯の十数倍の約40万の観客が見込まれる。南ア当局は「競技場周辺を重点的に警備する」としているが、裏を返せば重点区域外までは警備の手が回らない。

 さらに4月には国際テロ組織アルカイダ系グループがウェブ上で「W杯をテロの標的にする」との声明を発表した。

 治安当局は「テロのリスクの高い米国・イングランド戦(6月12日、北西州ルステンブルク)などを中心に競技場だけでなく宿泊施設や交通輸送も徹底した警備態勢で臨む」と述べるが実行力は未知数。この国の治安改善は、南アチームの優勝よりもはるかに難しい問題だ。

【関連ニュース】
南アW杯:巨大漫画でエール 日本代表26日未明出発
南アW杯:日本は1次突破する…43%が予想 ネット調査
南アW杯:ニッポン七転び八起き!?…青色の応援ダルマ
南アW杯:「デンマークとオランダ選手が標的」テロ容疑者
イラク:南アW杯テロ計画容疑でアルカイダ系メンバー逮捕

小沢氏、再び不起訴 検察と検審、分かれた証拠評価(産経新聞)
政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
山崎直子さんに県民栄誉賞授与 千葉県知事発表(産経新聞)
事業仕分け 4割強が「一者応札」 建設8団体(産経新聞)
首相動静(5月21日)(時事通信)
posted by クマサカ タケオ at 06:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。